ワールドベストレースホースランキング、ガンランナーとウィンクスがトップ [News]
2018/04/13(金) 12:37
「ロンジンワールドベストレースホースランキング」(LWBRR)がIFHA(国際競馬統括機関連盟)から発表された。今回の発表は、ドバイワールドカップデーの諸競走、オーストラリアのドンカスターマイルなど2018年1月1日から4月8日までに施行された世界の主要レースを対象としている。

 ランキング上位に変動はなく、トップはガンランナーとウィンクスの2頭で129ポンドだった。ウィンクスはジョージライダーステークスで勝利し連勝を24としたがレーティングは変わっていない。なおG1競走の勝利数は17となり、平地G1競走の勝利数で歴代単独最多となった。第3位も引き続きウエストコーストで124ポンドだった。ウエストコーストはドバイワールドカップで2着だったがレーティングに変更はない。第4位タイは、ベンバトル、ハッピークラッパー、サンダースノー、トラピーズアーティストの4頭で123ポンド。ハッピークラッパーはドンカスターマイルを勝って前回の中間の発表からレーティングを上げたが順位は変わっていない。また、ベンバトルはドバイターフを、サンダースノーはドバイワールドカップを、トラピーズアーティストはTJスミスステークスをそれぞれ勝って新たにランキング入りした。
 日本調教馬では、大阪杯を勝ったスワーヴリチャードが121ポンドで第10位タイに、大阪杯2着のペルシアンナイトが119ポンドで第15位タイになった。

(JRA発表)