【皐月賞】栗東レポート~グレイル [News]
2018/04/11(水) 17:32
4月15日(日)に中山競馬場で行われる第78回皐月賞(GI)に登録しているグレイル(牡3、栗東・野中賢二厩舎)について、追い切り後の野中賢二調教師のコメントは以下の通り。

(前走の共同通信杯7着を振り返って)
「少頭数の割りには、少し縦長の展開になってしまって、少し離れた位置取りになってしまいました。ゲートを出てすぐに寄られてしまって、位置取りが悪くなってしまいました。東京のあの時の馬場が、先行した内の馬しか伸びないというか、そういう特殊な馬場状態だったというのもありました。枠順など競馬的にいろいろと難しくなったかなというところはありました。外を押し上げて行って、最後はジリジリとした脚になってしまって、展開的にも仕方がなかったかなという感じはしています。
 左回りに関しては、全然問題ないとは今でも思っています。あくまでも枠順であったり、レースの流れであったり、全てが向いていなかったかなという感じです。
 長距離輸送に関しては、元々あまり手のかからない馬で、輸送でも大人しく、何の問題もなくクリアできました。着いてからもレース当日の朝の運動でも落ち着いていたということなので、問題はないかなと思います」

(前走後の調整について)
「前走後は少し疲れがありましたので、ノーザンファームしがらきへリフレッシュのために放牧に出しました。そこでゆったり過ごした後、早めに栗東に入厩させました。
 (帰厩してからは)思ったより疲れが抜け切らずに、立ち上げが遅れたというのはありましたが、立ち上げから今までは順調に来ています」

(最終追い切りを振り返って)
「岩田騎手に乗ってもらって、6ハロンから、最後はある程度しっかり負荷をかけてほしいと伝えました。先週の追い切りが、時計的には出ていましたが、私がずっと見ている中では、物足りない内容というか、この馬にしては動きがもう一つだなというのがありました。今日に関しては、先週しっかりやっているので、動きにはかなりの合格点をあげられるところまでは来ています。
 (岩田騎手とは)この馬のおおまかな特徴などは話をさせてもらっています。レースに関しては枠順が出てから、またゆっくり作戦を練りたいと思っています。
 (今日は)先週からの上がり具合と、動き自体の確認をしました。細かいことはこれからです」

(今回のレースに向けて)
「私たちが思っているよりはレースを器用にこなしてくれるのですが、中山の形態というのは実際合っているのかと言われると、もう少し大きな馬場の方が良いのかなという気はします。
 その時々で変わると思うので、枠順が出たりしてから作戦を考えたいと思います。
 雨自体は新馬戦でかなり悪い馬場をこなしていますので、問題ないと思います。また、そこに中山の荒れた馬場となるとどうなのかなという不安はあります。
 前走は支持していただいたのですが、結果を出せずに申し訳ないことをしたので、今回は何とか前回の雪辱を果たしたいと思っています。この世代で実力はトップクラスだと思っていますので、巻き返したいです。応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)