【皐月賞】栗東レポート~キタノコマンドール [News]
2018/04/11(水) 17:30
4月15日(日)に中山競馬場で行われる第78回皐月賞(GI)に登録しているキタノコマンドール(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)について、追い切り後の池江泰寿調教師のコメントは以下の通り。

(皐月賞に駒を進めた今の思いは?)
「運を持っている馬ですが、能力も高いですし、一戦ごとの上昇度が結構大きいです。キャリアは2戦目なのですが、王道を歩んできた馬とどこまでやれるか楽しみにしています」

(デビュー2戦を振り返って)
「初戦はあまり調教で動かなかったので半信半疑でしたが、能力だけで勝ったと思いました。直線ではフラフラしてまだ頼りないと思いましたが、その状態で勝つのだから、能力は大したものだと感じました。2戦目は中間の歩様がだいぶ良くなって、調教ではかなり動いていたので、絶対的な自信は持っていました。逃げ馬のペースでしたが、3、4コーナーから一気にまくって、走破時計は速かったですし、上がりのタイムも速かったので、これならクラシックに挑戦しても恥ずかしくないのではないかと感じました。
 (父ディープインパクトとは)全く似ていないので、うちの親子みたいなものですよ。親父と私は似ていないので、体型も全然違いますし...。まあ、上がりの加速力は似ていました。2頭並んで見ると、DNAは全く一致しないのではないかというぐらい異なる馬なので、その辺は面白いですよね。
まだまだ荒削りな部分があって、どうしても姿勢的なものからくる歩様の硬さ、コズミがなかなか取れない馬ですが、どんどん改善されていけば、父に近づいていくのではないかと思います。今比べるのはかわいそうです。
 デビュー戦前後はコズミが一番強かったのですが、だんだん増しにはなっています。気候が暖かくなった分も良くなって、体力も付いていますので、歩様はだいぶ改善されています。まだまだ大丈夫かなという歩様をしています」

(調教過程を振り返って)
「(先々週が)本追い切りだったのですが、だいぶ素軽さが出てきて、本当に良かったですよ。前走も良かったのですが、競馬でも加速力が大したもので、さらに軽さが増している印象を受けました。
 今日は追い切りというよりは、微調整というか、半マイルだけサッとやりました。先週結構しっかりやっていますので、今週はあれぐらいで良いのかなと思います」

(今回のレースに向けて)
「(初の関東遠征は)やってみないと分からないのですが、普段から割りと物怖じしなくて、のんびりしているタイプなので、あまり気にはなりません。むしろプラスに出るのではないかと思います。
 ダービーの2400mはもちろん良いと思いますが、今回も良いと思います。まだ左回りは走っていませんが、ひょっとしたら左回りが良いのではないかと思います。東京の2400mが一番合いそうな気がします。
 応援していただいているにはキタノコマンドールのファンというより、(名付け親の)ビートたけしさんのファンだと思いますが、馬の方は順調に来て、良い調整、良い調教ができていると思います。3戦目でさらなる上積みが期待できます。ぜひ応援していただければありがたいなと思っています」

(取材:米田元気)