【皐月賞】栗東レポート~ジャンダルム(池江泰寿調教師) [News]
2018/04/11(水) 17:28
【皐月賞】栗東レポート~ジャンダルム(池江泰寿調教師)

4月15日(日)に中山競馬場で行われる第78回皐月賞(GI)に登録しているジャンダルム(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)について、追い切り後の池江泰寿調教師のコメントは以下の通り。

(ビリーヴの子供でクラシックに駒を進めたが?)
「デビュー戦を迎える前は、こんなに距離がもつとは思っていなかったのですが、武豊騎手が距離がもつように馬にしっかり競馬を教え込んできた感じです」

(ここ2戦を振り返って)
「ホープフルステークスの時は、道中ハミを噛んで、行きたがっているそぶりを見せていました。前走の弥生賞は2000mが2戦目ということで、道中、特に向正面でリラックスして走っていました。今回も中山の同じコースですから、走りはさらに上手になっているのではないでしょうか。
 (弥生賞の)上位2頭は飛び抜けた存在だと思います」

(この馬の良さは?)
「血統が良いということもありますが、優等生で競馬が上手です」

(調教過程を振り返って)
「先週が実質の本追い切りで、2週前の3月の末のものはその足慣らしでした。2週前はコーナーコーナーでもたれたり、直線でフラフラしたりしていました。先週の動きは素晴らしかったです。タイムも良かったです。
 (今日は)追い切りらしい追い切りではなかったのですが、今週は微調整で足慣らし程度です。
 今回が一番良い状態に仕上がっていますし、成長もしています。
 ローテーションがゆったりしていますので、3回目で慣れも出てくるでしょう」

(今回のレースに向けて)
「皐月賞は毎年紛れが多いですが、レースセンスがありますし、何より鞍上が天才・武豊騎手なので、彼の手綱捌きに期待したいです。
 やってみないと分からない部分はあるのですが、ディープ産駒は相当苦労するでしょうが、うちはディープ産駒ではないのでね。
 お母さんのように華々しくJRAのGIを勝って、母子2代制覇を目指しています。ぜひ応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)