【春雷S】(中山)~ペイシャフェリシタがゴール前捉えて人気に応える [News]
2018/04/08(日) 16:23
中山11Rの春雷ステークス(4歳以上オープン、ハンデ、芝1200m)は1番人気ペイシャフェリシタ(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分07秒4(良)。アタマ差2着に6番人気セカンドテーブル、さらに1馬身1/4差で3着に2番人気ディバインコードが入った。

ペイシャフェリシタは美浦・高木登厩舎の5歳牝馬で、父ハーツクライ、母プレザントケイプ(母の父Cape Cross)。通算成績は19戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ペイシャフェリシタ(三浦騎手)
「とても乗りやすい馬ですね。道中は楽な感じで走れましたし、勝つことが出来て良かったです」

2着 セカンドテーブル(水口騎手)
「負けて強し、という競馬でした。大外枠だったので、小細工せず自分で勝ちに行くレースをしました。よく頑張っています」

3着 ディバインコード(北村宏騎手)
「いつもは反発するところがありますが、今日はよく反応してくれています。1200mの方がむしろこの馬にいいのかもしれません」

4着 アレスバローズ(津村騎手)
「道中もう少しフワッと走ってくれるといいのですが、乗り難しい馬です。それでも終いは来ています。パワーをコントロールするところが今後の課題でしょう」