【ひめさゆり賞】(福島)~ロードアクシスがゴール前で差し切り人気に応える [News]
2018/04/07(土) 15:42
福島10Rのひめさゆり賞(3歳500万下・芝2000m)は1番人気ロードアクシス(酒井学騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒6(良)。アタマ差の2着に5番人気トーセンクリーガー、さらに2馬身差の3着に7番人気ワタシヲマッテルが入った。

ロードアクシスは栗東・奥村豊厩舎の3歳牡馬で、父ブレイクランアウト、母エニーデイ(母の父Arch)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ロードアクシス(酒井学騎手)
「1コーナーの入りくらいで少しかかっていましたが、向正面ではペースが流れて折り合えました。3コーナーでもたもたするところがありましたが、ハミを取ってからはスムーズに位置を上げて、最後も一杯になりながらもしっかりと伸びてくれました。力があります」

2着 トーセンクリーガー(横山和生騎手)
「ゲート入りが遅い順番だったこともあり、五分のスタートが切れました。スタートで出たらハナへ行こうと思っていましたが、道中で物見をしながらも最後までよく踏ん張ってくれました」

4着 オーデットエール(柴山雄一騎手)
「早め早めの競馬を、という指示でした。思い通りに運べましたが、ズブいところがあります。バテてはいません」