【桜花賞】栗東レポート~リリーノーブル(藤岡健一師) [News]
2018/04/04(水) 16:49
☆8日(日)阪神競馬場で行われる第78回桜花賞(GI)に出走を予定しているリリーノーブル(牝3、藤岡健一厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎リリーノーブルについて、藤岡健一調教師

・チューリップ賞はトライアルということでどの程度仕上げていこうかという感じでした。気持ち的に少し余裕が無かったかなという感じでした。この馬の全体的な絶対能力というのは結構高いと思います。飼葉食いの心配も無く扱いやすい馬で、こちらの思った通りの調整が出来ます。

・前走のチューリップ賞、前々走の阪神JFと道中行きたがる面を見せたのでその点はどこかで矯正すべき課題と思っていました。その点年明け一度使ったことで余裕ができたので前走後ゆったり調整できたことで課題はクリアできているのではと思います。

・うちの厩舎の坂路からCウッドチップコースという調教パターンで予定通りきています。先週から反応も良くなっていましたので(レースに向けて)後は課題の折り合いだけという感じです。落ち着きもありますし、いい状態で来られているので自信をもって送り出せます。

・(ラッキーライラックとの三度目の対戦ですが)これまで2度負けていますが、この馬の一番の課題である折り合いさえクリアできれば瞬発力もありますし充分逆転できる力はあると思います。

《取材:檜川彰人》