【桜花賞】栗東レポート~リバティハイツ(高野友和師) [News]
2018/04/04(水) 16:42
☆8日(日)阪神競馬場で行われる第78回桜花賞(GI)に出走を予定しているリバティハイツ(牝3、高野友和厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎リバティハイツについて、高野友和調教師

・前走のフィリーズレビューはスタートセンスのある馬なのでいい位置でレースはできるだろうと思っていました。ハイペースの中スムーズに流れに乗っていいリズムで運べました。直線少しスペースが無くなってどうかと思いましたが馬群を割って伸びてきたときには勝負根性を見せてくれました。血統に秘められた能力が顕在化している感じです。

・初めて見た時から馬の作りは一つ上のものがありました。そのまま無事成長して入厩して乗った後もこれは上級馬の背中だと思っていました。馬主さんや牧場の期待を考えると大きな舞台に連れていかないといけない馬だという責任を感じながら管理していました。

・未勝利勝ちの後、500万クラスは負けてしまいましたが悪い競馬ではありませんでしたし能力は感じました。完全に本調子でない中でのパフォーマンスでしたから、これは抽選でもトライアルにチャレンジするべきだとは思っていました。

・一週前追い切りでそこそこ動かして良い内容でした。ただ暮れのデビューから月一で使い続けているので調教で能力を上げようというより状態を維持することに主眼を置いています。その結果馬をフレッシュに持っていって状態もアップしていけばという感じです。

・今週の追い切りでも全体の時計は求めませんがラスト1ハロンだけ反応を見てそのまま流してというものでした。その通り出来て道中の折り合い、騎手との意思疎通、馬の体力もGIを戦えるだけのものになっているのではと捉えています。

・相手はこれまでより更に強くなり戦い甲斐のあるレースになると思います。ただ相手の力量を考えても仕方が無いので、この馬の状態をマックスに引き上げることに注意して管理しています。

・この馬の血統、この馬の今後を考えてもGIのタイトルがあった方が評価のアップにつながります。それが桜花賞なら最高だと思っています。それとこの馬を取り巻く人のためにも頑張りたいと思います。

《取材:檜川彰人》