【桜花賞】栗東レポート~ラッキーライラック(松永幹夫師) [News]
2018/04/04(水) 16:38
☆8日(日)阪神競馬場で行われる第78回桜花賞(GI)に出走を予定しているラッキーライラック(牝3、松永幹夫厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ラッキーライラックについて、松永幹夫調教師

・前走のチューリップ賞は前哨戦としては良かったと思います。流れなどに恵まれた面はあったかも知れませんが少頭数で3番手からのレースでうまく運ぶ事ができました。阪神JFからプラス10キロの馬体重でしたがこれは成長分です。

・一週前から今週にかけての追い切りの動きも良かったと思います。この馬は500キロ近いのですがフットワークがよく小脚が使えて切れもあります。

・気性面でも普段から落ち着いて無駄な力を使わないところがいいですね。

・今回は他にも強い馬がいますから楽ではありませんが力を出し切るレースをしてもらいたいですね。

・無敗ということはあまり意識しませんが、プレッシャーは感じています。騎手とはリズムが合っています。男前と可愛い牝馬でいいんじゃないですか(笑)

・いよいよGIレースが始まるのでワクワクしています。主役でいい状態で桜花賞を迎えられます。頑張りたいですね。

《取材:檜川彰人》