【船橋S】(中山)~好スタートのライトフェアリーが押し切る [News]
2018/04/01(日) 16:19
中山11Rの船橋ステークス(4歳以上1600万下・芝1200m)は8番人気ライトフェアリー(柴山雄一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒3(良)。3/4馬身差の2着に4番人気アッラサルーテ、さらにクビ差の3着に1番人気ワンアフターが入った。

ライトフェアリーは美浦・石毛善彦厩舎の6歳牝馬で、父サムライハート、母フラワーフェアリー(母の父アルカセット)。通算成績は20戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ライトフェアリー(柴山雄一騎手)
「外枠がプラスに働き、他に行く馬もいなかったのでスムーズに逃げられました。道中ムキになるところもありましたが、最後よくしのいでくれました」

2着 アッラサルーテ(石橋脩騎手)
「この馬の競馬をしようと思っていて、ある程度良い形で進められました。ただ、勝ち馬が想像以上に強かったです」

3着 ワンアフター(内田博幸騎手)
「枠なりの競馬をしようと思っていて、良い位置を取れましたが、前が止まりませんでした。ただ、乗りやすい馬なので、またチャンスはあると思います」

4着 ナンヨーアミーコ(丸田恭介騎手)
「ゲートがゆっくりだったことは想定内でした。内を進んで直線も進路を取れました。もう少し速い流れになってほしかったですね」