【伏竜S】(中山)~ドンフォルティスが前走のリベンジを果たす [News]
2018/04/01(日) 16:10
中山10Rの伏竜ステークス(3歳オープン・ダート1800m)は3番人気ドンフォルティス(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒7(良)。1馬身半差の2着に1番人気ルヴァンスレーヴ、さらにクビ差の3着に2番人気コマビショウが入った。

ドンフォルティスは栗東・牧浦充徳厩舎の3歳牡馬で、父ヘニーヒューズ、母グロッタアズーラ(母の父フジキセキ)。通算成績は6戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ドンフォルティス(石橋脩騎手)
「競馬を上手に教えてもらっているので、リズムよく折り合いもつきました。ただ、返し馬から物見をするところがあって、早く抜け出したくなかったのですが、抜けてからもよく我慢していました。とても良い馬ですし、前走を見ても逆転できると思っていました」

2着 ルヴァンスレーヴ(内田博幸騎手)
「プラス10キロは成長分です。右回りが初めてで、久々というのもあったかもしれません。これを使ってガラッと変わってくると思います。これからの馬です」

3着 コマビショウ(和田竜二騎手)
「道中折り合って上手に走っています。勝負所で押し出されるような形になりましたが、うまく運ぶことができました。これから良くなってくると思います」

5着 ワークアンドラブ(柴田大知騎手)
「難しいところがあって、勝負所では突っ張るように走っていました」