【千葉日報杯】(中山)~イノバティブが差し切る [News]
2018/03/31(土) 17:15
中山10Rの千葉日報杯(4歳以上1000万下・芝1200m)は4番人気イノバティブ(勝浦正樹騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒6(良)。1馬身半差の2着に10番人気シゲルタイガー、さらにクビ差の3着に5番人気ジュンザワールドが入った。

イノバティブは美浦・相沢郁厩舎の4歳牡馬で、父ディープブリランテ、母ケイティーズミスト(母の父Posse)。通算成績は14戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 イノバティブ(勝浦正樹騎手)
「強いレースでした。もともと荒削りな感じでしたが能力は感じていました。ここに来てだいぶレースが分かってきた感じで今日は力でねじ伏せるレースでした。なかなか勝てませんでしたが今日は結果が出せて何よりです」

2着 シゲルタイガー(北村宏司騎手)
「終いを生かすレースをするよう指示がありました。前半は折り合いに専念して、最後はよく伸びてくれました」

3着 ジュンザワールド(大野拓弥騎手)
「スタートが思いのほか速く、この馬としては意外なレースになりました。追い込みが決まる流れに中で良いレースをしてくれました」

4着 ショウナンアエラ(吉田隼人騎手)
「出たなりのレースで好位置を取れましたが、3コーナーから他馬が動いた時に少し遅れる形になりました。最後はジリジリ差を詰めているのですが...。堅実には走ってくれますが、なかなか勝ち切るまでには行かない感じです」