【コーラルS】(阪神)~モーニンが復活の勝利 [News]
2018/03/31(土) 16:39
阪神11Rのコーラルステークス(4歳以上オープン・ハンデ・ダート1400m)は3番人気モーニン(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒4(良)。3/4馬身差の2着に4番人気テーオーヘリオス、さらにクビ差の3着に6番人気ドリームキラリが入った。

モーニンは栗東・石坂正厩舎の6歳牡馬で、父Henny Hughes、母Giggly(母の父Distorted Humor)。通算成績は19戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 モーニン(和田竜二騎手)
「枠順は良い所に入ったと思いました。助手さんの指示通りでレースをすることができました。斤量が重かったですが、レース後も息は乱れていませんでしたし、力はさすがです。これをきっかけに自信を取り戻してもらいたいですね」

2着 テーオーヘリオス(国分恭介騎手)
「行ければハナと思っていましたが、ゲートの中での態勢が完璧ではなくて、2番手からの競馬になってしまいました。それでも終いは追う毎に伸びてくれていますし、オープンでも崩れなかったのは良かったです」

3着 ドリームキラリ(松若風馬騎手)
「逃げてくれとの指示でハナに行きました。スンナリ行けましたし、よく踏ん張ってくれています。最後は脚が上がってしまいました」

4着 ヤマニンアンプリメ(鮫島良太騎手)
「距離をギリギリこなしてくれました。砂のキックバックを嫌がりますが、外に出すと確実に伸びてくれます。ただ1頭の牝馬でよく頑張っています」

7着 コウエイエンブレム(松山弘平騎手)
「3番手でスムーズにもまれない位置で運べました。それでも直線に向いて手応えをなくしてしまいました」