【高松宮記念】外国馬情報~ブリザード、ティータン騎手が騎乗して調整 [News]
2018/03/23(金) 11:06
 25日(日)に中京競馬場で行われる高松宮記念(GI)に出走を予定している香港のブリザード(セン7歳)の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

【調教内容】(天候:晴、馬場状態:重)
カリス・ティータン騎手が騎乗してダートコースで実施。常歩100m、ダク300m、キャンター1400m。

【プーンファイ・イウ調教師のコメント】
「追い切り明けの今朝は馬もハッピーで、騎手からも良い感触を得ています。明日の調教は、馬の状態をフレッシュに保つため、軽い運動を行います。枠順については、内側を希望していたので満足しています。これでほぼ条件が整ったので、良いレースをしてくれると思います。天気も良く、風もあるので、あとは馬場が回復してくれるといいですね」

【カリス・ティータン騎手のコメント】
「馬の状態はとてもフレッシュで、スムーズに手前を変えていました。前走で久しぶりにこの馬に騎乗しましたが、以前に比べて馬は落ち着いていて成長を感じます。中京競馬場はややトリッキーなコースですが、来日前にザカリー・パートン騎手から助言をもらいましたし、明日もここでレースを観る予定です。レースでは前半は力を温存するようにしつつ、位置取りが後ろにならないようにしたいです」

(中京競馬場からの情報)