【高松宮記念】外国馬情報(22日朝)~ブリザード、馬なりで600m追う [News]
2018/03/22(木) 13:58
 25日(日)に中京競馬場で行われる高松宮記念(GI)に出走予定のブリザード(香港)の22日の中京競馬場での調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

〔天候:雨 芝:不良〕

●調教状況(ホーイン・ウォン調教助手騎乗)
・調教時間 6時51分から6時59分
・芝コースでダク300m、キャンター900m、ギャロップ600m(調教後馬体重510kg)

プーンファイ・イウ調教師のコメント
「フレッシュな状態を維持するために600mを馬なりで追いました。来日前に仕上げているので、単独での調整であること以外は、本国にいる時と状態は同じです。スプリンターズSはやや出遅れましたが、直線では前との差を詰めていました。中山競馬場よりも中京競馬場は直線が長いので、この馬にとって追い風となると思います。左回りについては、調教助手も馬が手前を替えていると言っているので不安はありません。馬場状態については、どこまで回復するかがやや気掛かりですが、天気も良くなるという予報なので問題にはならないでしょう。枠順については内寄りが良く、展開については5番手くらいまでにつけられればと思います。最後の直線はトリッキーになっていますが、ジョッキーがうまく乗ってくれることを期待しています。」

ホーイン・ウォン調教助手のコメント
「スプリンターズSの時は周囲を気にしていましたが、今回は堂々として気分がよさそうです。馬場については、締まった馬場のほうが動きはいいです。ゲートについては、テストではうまくいきました。スプリンターズSと比べて状態は良くリラックスしています。本番までリラックスして体力を温存出来ればと思っています。」

(現地情報)