【高松宮記念】美浦レポート~レッドファルクス [News]
2018/03/21(水) 14:25
 25日(日)に中京競馬場で行われる高松宮記念(GI)に出走予定のレッドファルクス(牡7)について、管理する尾関知人調教師の追い切り後のコメントは以下の通り。

―前走(阪急杯)を振り返って
「高松宮記念が目標という中で、(高松宮記念と)相性の良いこのレースからスタートしたんですけれども、内容としては枠が内だったこともあって外に出すのに下げざるを得なくて、後ろからの競馬になりました。しっかり脚を使って、もうちょっとでしたが、勝てなかった以外はここに向けていい内容だったと思います」

―中間の調整は
「レースを走ったのでそれなりに疲れは当然あったのですが、疲れが取れて、徐々に上げていくという感じでした」

―1週前の追い切りは
「直前は競馬に直結する追い切りをしたい、と思っていたので、1週前はそれとは別に心肺機能を高めるような長めの追い切りという感じでした。入りから長く負荷を掛けたかったのですが、最初が少しゆっくりになってしまった感じはありました。それでもしっかり動けていましたし、馬は順調だったので、ある程度は予定通りの調教だったかなと思います」

―今日の追い切りは
「先行馬を追走して、直線で外に併せて終いは強めにという感じで、先行馬にはある程度序盤からしっかり先行して(前週でゆっくりになってしまった部分を)しっかりいけるようにという話をしました。先行馬(1000万条件)も能力が高い馬で、その馬を追いかけて、内容のある追い切りが出来たと思います」

―最終追い切りのコース選びは
「先週の時点で、Dコースで追い切ろうと思っていたのですが、昨日の雨もありましたし、一番で追い切っている馬の音を聞いて(馬場が)硬いと思ったことと、最後の追い切りは長くしなくてもいいかなということもあって、ウッドチップにしました」

―中京コースは相性がいいようですが
「最後があのレース(去年の高松宮記念で3着)ですが、それまでのことを考えると、名古屋に行くと馬が元気になるくらいのイメージでいます」

―馬場状態の希望は
「去年も急に雨が降ってきましたし何とも言えませんが、いろんな馬場を走ってくれてますし、与えられた条件はみんな一緒ですから、その中で頑張ってくれればと思います」

―レースの作戦は
「レース自体が生き物ですから、この馬を一番ジョッキーが分かってくれてると思いますし、全権委任というイメージです」

―枠順は
「言って違うところになっても嫌ですからね(笑)」

―勝てばJRAのスプリントGI完全制覇になりますが
「去年のJRA賞で最優秀短距離馬にしていただいて、もちろん、このレースを目標にしていくのは当然です。また、準オープンやオープンの駆け出しだった頃に、この馬でGIに臨めるなら高松宮記念じゃないかな、というのが念頭にあって、そのスタートが(初重賞制覇になった)CBC賞だったんです。去年(の高松宮記念)は人気にしていただいて期待に応えられませんでしたが、去年の轍を踏まずにチャレンジしていくので、勝ってもらいたいと思っています」

―ファンの皆さんへ
「去年の最優秀短距離馬というタイトルに負けないようなレースをお見せしたいとスタッフ一同思っています。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)