【若葉S】(阪神)~アイトーンが逃げ切る [News]
2018/03/17(土) 16:39
阪神11Rの若葉ステークス(3歳オープン・芝2000m)は8番人気アイトーン(国分恭介騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒0(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気ダブルシャープ、さらに半馬身差の3着に11番人気ロードアクシスが入った。

アイトーンは栗東・五十嵐忠厩舎の3歳牡馬で、父キングズベスト、母スペシャルディナー(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は6戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 アイトーン(国分恭介騎手)
「好スタートを切れました。ハナに行った時に成績を出していたので、何が何でもという思いでした。ハナに行ってしまえばリラックスして走るので、他にまくってくる馬がいないかどうか考えていました。直線半ばで迫られても、もうひと伸びするタイプで、根性も良いです。時計も詰めていますし、成長しています」

2着 ダブルシャープ(和田竜二騎手)
「出遅れましたが、スペースがあいていたので、流れとしては最高でした。折り合いをつけたら距離的に頑張ってくれました。伸び切れないところもありますが、今後の成長を期待しています」

4着 タニノフランケル(幸英明騎手)
「2番手で良い流れでした。しかし、3~4コーナーで蹄鉄がとんでしまい、それが影響したのでしょうか。坂で止まってしまいました」

5着 タイムフライヤー(C・ルメール騎手)
「休み明けで少し太かったですが、最後は良い脚を使ってくれました。しかし、前が止まりませんでした。次は大きなチャンスがあると思います」

6着 メイショウテッコン(古川吉洋騎手)
「スタートでつまずきました。それが全てです。思ったようなポジションも取れませんでした。調教ほど動けていませんでしたし、まだまだこれからの馬です」