【スプリングS】美浦レポート~ライトカラカゼ [News]
2018/03/14(水) 15:10
18日(日)に中山競馬場で行われるスプリングステークスに出走予定のライトカラカゼ(牡3歳、美浦・相沢郁厩舎)について、相沢郁調教師のコメントは以下の通り。

(前走を振り返ってください)
「スタートで少し出遅れて好位につけられませんでしたが、初めての重賞でも差のない4着ですから、よく頑張りました」

(中間の様子は?)
「一旦リフレッシュして、ここを目標に1ヶ月前に戻しました。初コンビとなる丸山騎手に感触をつかんでもらうため1週前に乗ってもらいました。良い感触をつかんだのではないでしょうか。リフレッシュして飼い食いも良いので、馬体重など特に変化はありません」

(最終追い切りについて)
「重賞を使うということで併せ馬でビッシリ追い、しっかり負荷をかけました。普段うるさい馬ですが放牧効果でリラックスしていて、しっかり走れると思います」

(兄のクリールカイザーと比べて)
「気性は兄弟共に難しいところがありますが、お兄さんより馬っぷりが良くて、体も柔らかいので将来性は兄以上に感じています」

(中山芝1800メートルという舞台については)
「距離はあったほうが良いと思いますが、1800メートルなら大丈夫だと思います」

(戦法は考えていますか?)
「切れる脚はないと思うので、好位につけてそこで脚をためる競馬をして欲しいです」

(最後に意気込みをお願いします)
「馬主さんにお願いして買ってもらった馬で、デビュー前からとても期待しています。馬主さんと丸山騎手が同じ高崎市出身なので、群馬コンビでぜひ頑張って欲しいと思います」

(取材:小屋敷彰吾)