【阪神大賞典】栗東レポート~カレンミロティック [News]
2018/03/14(水) 15:04
3月18日(日)に阪神競馬場で行われる第66回阪神大賞典(GII)に登録しているカレンミロティック(セン10、栗東・平田修厩舎)について、追い切り後の平田修調教師のコメントは以下の通り。

(前走後の調整について)
「有馬記念の後は、いつものようにノーザンファームしがらきでゆっくりと調整させてもらいました。
 (厩舎に戻ってからも)いつもと変わらないですね」

(調教過程を振り返って)
「1週前はだいたいCウッドチップコースで追い切りをして、本番はジョッキーを乗せるというパターンです。今回も、先週Cウッドチップコースで追い切りをしました。動き自体はそんなに動く馬ではないのですが、時計がそこそこ出ていたので、満足できる動きではありました。今日は藤懸騎手を乗せてビシッとやりました。
 そんなに時計が出る馬ではないのですが、馬場が良いこともあって、52秒を切ってきたので、よく動いたなと思います。
 明け10歳ですが、まだまだ元気です」

(今回のレースに向けて)
「一応、春の天皇賞を目標にしているので、そのステップとしては阪神大賞典がいつも適当かなと思っています。
 年齢を重ねるにしたがって、2000mなどの距離よりも長いところの方が好走する例が多いので、3000mという距離は良いと思います。
 皆ステイヤーですし、天皇賞を狙っている馬たちなので、良いメンバーが揃ったなと思っています。
 今回は池添騎手が乗ってくれます。一番良く分かってくれているので、彼に一任で良いかなと思っています。
 年齢的にもそう何度もチャンスはないと思うので、今回で良い競馬して、良い形で本番に挑みたいと思っています。
 10歳になりましたが、まだまだ元気です。大目標は天皇賞ですが、今回も頑張って良い形で天皇賞に行きたいと思っています」

(取材:米田元気)