【アネモネS】(中山)~ハーレムラインが3連勝飾る [News]
2018/03/11(日) 17:03
中山11Rのアネモネステークス(3歳オープン、牝馬限定、芝1600m)は1番人気ハーレムライン(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒5(稍重)。1馬身1/2差2着に2番人気レッドレグナントが入り、上記2頭が桜花賞の優先出走権を獲得。さらに2馬身差で3着に6番人気ノーブルアースが入った。

ハーレムラインは美浦・田中清隆厩舎の3歳牝馬で、父マンハッタンカフェ、母マクリス(母の父グルームダンサー)。通算成績は7戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ハーレムライン(大野騎手)
「スタートが速く、立ち回りの良さが武器です。直線もしっかりと反応してくれました。乗りやすく不安はありませんが、阪神コースはごまかしが利かないので、そのあたりがどうでしょうか。一戦ごとに階段を上ってきて、本番では相手も強くなると思いますが、いい形で臨めます」

2着 レッドレグナント(戸崎騎手)
「スタートが良くて、行く馬が他にいなかったので自然と逃げる形になりました。道中掛かる感じもなく、よく頑張っています。どっしりとしているタイプで、使ったことでさらに良くなりそうです」

3着 ノーブルアース(内田博騎手)
「内枠を生かしたレースが出来ました。今日のような馬場も苦にしないタイプです。本当は2着馬のポジションでレースを進めたかったのですが、後ろからでも頑張ってくれました。今後が楽しみです」

4着 ダンシングチコ(丸田騎手)
「パドックからうるさくて、発汗もあったことが影響したのか、ゲートの中でも落ち着きがありませんでした。道中はハミを取りながら走れるようになってきて、最後の伸びも良かったです」

5着 プリンセスノンコ(ミナリク騎手)
「今日のレースは大きな一歩になりました。キャリア2戦目で初めての芝に加え、相手が強いなりにも走ってくれました。芝でも十分やれることが分かったので、今後が楽しみになりました」

6着 レッドイリーゼ(松岡騎手)
「位置は指示通りでしたが、このペースでは厳しいです。力を出し切れず消化不良のレースになってしまいました」