【館山特別】(中山)~フリージングレインが4角先頭から後続を突き放して快勝 [News]
2018/03/11(日) 16:14
中山9Rの館山特別(4歳以上1000万下、芝2000m)は2番人気フリージングレイン(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒3(稍重)。2馬身1/2差2着に3番人気エニグマバリエート、さらにクビ差で3着に6番人気ケルフロイデが入った。

フリージングレインは美浦・古賀慎明厩舎の4歳牡馬で、父ハービンジャー、母レインダンス(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は18戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 フリージングレイン(石橋脩騎手)
「ペースが遅く、半マイルくらいなら脚の使える馬なので、3コーナーから動いて行こうと思っていましたが、捲くる馬がいたので、それなら行かなきゃと動いて行きました。タフなレースになるとこの馬の持ち味が生きます」

2着 エニグマバリエート(吉田隼騎手)
「スタートから進んで行きませんし、こういうボコボコした馬場は合わないようです。よく2着に来てくれました」

4着 ホットファイヤー(勝浦騎手)
「いい感じで4コーナーを回って行けました。途中で動いてくれた馬がいたのも良かったです。これだけ安定して走れるのもいいです」