【ゆきやなぎ賞】(阪神)~サトノワルキューレが外から差し切り2勝目 [News]
2018/03/10(土) 15:34
阪神9Rのゆきやなぎ賞(3歳500万下・芝2400m)は4番人気サトノワルキューレ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分27秒0(良)。半馬身差の2着に2番人気エタリオウ、さらにクビ差の3着に5番人気シュナイデンが入った。

サトノワルキューレは栗東・角居勝彦厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母ヒアトゥウィン(母の父Roi Normand)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 サトノワルキューレ(M.デムーロ騎手)
「強かったですね。ロングスパートの形でも最後まで脚を持続してくれました。スタミナ豊富で能力のあるいい牝馬です」

2着 エタリオウ(和田竜二騎手)
「反応が良すぎて進んで行ってしまうところがあります。道中もハミを噛んでしまっているので、もう少し息を入れてくれれば、もっといい走りが出来ると思います。ブリンカーをつけると進まなくて、外すと進みすぎてしまいます。能力があるだけに歯がゆいです」

3着 シュナイデン(武豊騎手)
「レースはいい形でした。差し切れそうに思いましたが、残り100m辺りで止まってしまいました。久しぶりの分だったかもしれません」

4着 ゴールドフラッグ(岩田康誠騎手)
「休み前より良くなっています。直線もしっかり反応してくれていました。展開ひとつでチャンスがあると思います」