【アネモネS】美浦レポート~レッドレグナント [News]
2018/03/07(水) 16:55
11日(日)に中山競馬場で行われるアネモネステークスに出走を予定しているレッドレグナント(牝3歳、美浦・大竹正博厩舎)について、岩藤和裕調教助手のコメントは以下のとおり。

(見事2連勝となりました)
「ジョッキーの判断で逃げましたが、しまいまでしっかりしていて強い勝ち方だったと思います」

(中間の様子は?)
「阪神ジュベナイルフィリーズを目指して調整していたところ右膝に骨折がみつかり、それで休養しました。休ませたことで痛みも治まり現在は落ち着いています。戻ってからはテンションがあがってきていたので、落ち着かせて走るよう意識させました」

(今朝の最終追い切りに騎乗した戸崎騎手にはどのような指示をしましたか?)
「とにかくテンションを上げないようにすることと、初めて今回騎乗するのでアクセルとブレーキの確認をしてもらいました。戸崎騎手からは操縦性が良く、センスがありそうですねと言ってもらいました」

(調教をご覧になった感想は?)
「しまいもすっと反応できて動き自体は良かったです。休んでいた期間もあるので息づかいに重さがあり、まだ良化途上かなという感じでした。仕上がりは万全とは行かないかもしれませんが、今日の追い切りでさらに上向くと思います。1勝馬がほとんどなので、このメンバーならこのくらいの出来でもある程度の競馬ができないと上のクラスでは厳しいかと思います」

(変わったところはありますか?)
「体に幅が出てきました。まだ多少余裕がありますが、以前より一回り大きくなった感じです」

(前走に続いて中山1600mという舞台については?)
「前走を見ても、このコース形態は合っているかなと思います。札幌で未勝利戦を勝った時をみても競馬センスがありますし、すっと良い位置を取ることができます。乗り手の指示に瞬時に反応できるこの馬にとっては、力を出しやすい舞台かと思います」

(最後に意気込みを)
「賞金的にも権利をとらないと桜花賞に出走できないので、良化途上ながらも今後に向けて展望が開けるようなレースを期待しています。本番に向けて良い競馬ができたらと思いますので応援よろしくお願いします」

(取材:小屋敷彰吾)