阪神9Rの降着・制裁について [News]
2018/03/04(日) 17:39
阪神9Rで、2位に入線した1番パンコミード(浜中俊騎手)は、最後の直線コースで外側に斜行し、10番オールフォーラヴの走行を妨害したため、3着に降着となった。

この件は、1番パンコミードが最後の直線コースで外側に逃避したことが主因であると認められたため、同馬は平地調教再審査となり、騎乗していた浜中俊騎手は、2018年3月10日(土)の騎乗停止となった。