【オーシャンS】美浦レポート~ロードクエスト [News]
2018/02/28(水) 18:08
3日(土)中山競馬場で行われるオーシャンステークス(GIII)に出走予定のロードクエスト(牡5、美浦・小島茂之厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

○ロードクエストについて小島茂之調教師

(前走のシルクロードSを振り返って)
「最近の京都芝1200mの傾向からも、過去のレースからも、外枠に入った時点でちょっと厳しいなと。枠に泣かされたところはあると思います」

(1200mという距離について)
「調教で乗ると、1200mの馬ではないというのが乗り手の共通意見なのですが、この距離で勝負しようと決めたわけですから。もっと馬の気持ちを燃えさせて、1200mに対応できるよう変化を促している段階です」

(この中間について)
「少し楽をさせて、そのあとは坂路とコースを使いながら調整しています。一番は"怒らせる"こと、馬を短距離モードに変えていくことをメインにやってきました。1週前追い切りも三浦騎手が乗ってくれることになったので、乗ってもらいました。昔のように抑えきれない気合いが欲しいということで、併走馬にくっつけてやる気を前面に出させました。かなり燃えるところを出してくれたみたいです」

(今朝の最終追い切りについて) ※小島茂之調教師が騎乗
「今週デビューの新馬が相手で、横でぴったりマークしながら行きたいという気持ちを我慢させました。概ね良かったですね。もともと坂路が得意でないこともありますが、最後ちょっとフワッとするところがありました。そのあたり、乗り手を手こずらせるくらいの気合いで上がって欲しかったところはあります」

(現在の状態としては)
「硬さがいいハリに変わってきたのと、冬場は毛が伸びてくすんで良く見えないタイプですが今回は毛艶が良く見えます。内面的に成長しているのかなと思います」

(今回のレースに向けて)
「枠にもよるかと思いますが、今までのように出たなりのレースではなく、積極的に出していく競馬をしてもらおうと思っています。意図的に位置を取りにいって、それで覚えてくれれば。1200mで勝負すると決めた以上は、そういうふうに変えていかなければいけないと思っています」

(このあとは高松宮記念には向かわない予定だとか?)
「高松宮記念までは中2週になってしまいますからね。春は2戦だけと考えていましたし、ここで好走してくれれば秋の目標も中山になるでしょうから。そうしたらこのあと休んでもいいのではないか、と思います。秋に向けてここは目一杯のレースをしてもらいたいと思っています」

(取材:小塚歩)