【弥生賞】栗東レポート~ダノンプレミアム [News]
2018/02/28(水) 15:43
3月4日(日)に中山競馬場で行われる第55回弥生賞(GII)に登録しているダノンプレミアム(牡3、栗東・中内田充正厩舎)について、追い切り後の中内田充正調教師のコメントは以下の通り。

(3戦3勝を振り返って)
「1戦1戦、頑張って走ってくれたことが、他の馬よりも先にゴールした結果になりました。
 内容が良かったです。3戦とも全て鮮明に憶えているので、どれか一つというのはないですよね。
 (前走は)相手も強かったですし、実績のある馬たちと戦ってもあのような競馬をしてくれたので、やはり走るのだなという感触です。
 (良さは)スピードの持続力です」

(放牧から帰ってきた印象は?)
「休ませた分、体が戻っていましたし、ふっくらとした状態で戻ってきました。牧場が良い仕事をしてくれました」

(調教過程を振り返って)
「前走1600mから今回は2000mに距離が延びるところを意識しながら、調整してきました。
 具体的な話になると少し長くなるので、それが正解かどうかは競馬に行ってからですね。
 (馬体重は)今で500キロ前後です。成長分であってほしいです。
 普段通りのうちの厩舎の仕上げと、ダノンプレミアムだったらこれぐらいで十分かなというところの匙加減の内容でした。
 (1週前は併せ馬にしたのは)気を入れるところと、競馬が近いんだよということを馬に気付いてもらうためです。
 先週の動きが良かったので、息遣いも先週の時点でそこそこ仕上がっていましたので、今週は輸送等を考えまして、単走にしました。
 十分動けていましたし、"先週よりは良くなっていましたし、内容も良かったです"とジョッキーのコメントも良かったです。
 道中の感じと終いの伸びと、こちらが求めていたことをダノンプレミアムがちゃんとこなしてくれました。
 時計はあくまでも指標なので、時計より内容で、あの馬の動きが良かったです」

(今回のレースに向けて)
「(進化した点は)もともと大人しいタイプなので、そこまで目に見えては分からないですが、競馬に行ってからですね。
 (中山のコースは)不安です。やはり小回りですし、トリッキーなコースなので、親心なのですかね、自信を持つというより不安の方が大きいです。上手にこなしてほしいという、こちらの期待ですよね。
 上手に競馬してくれれば良いですね。もちろん相手はぐんと強くなりますし、実績のある馬たちと一緒に走るわけですからね。
 今後はクラシックに乗せてあげたいとは思っています。
 たぶん当日は一ファンとして観るのではないでしょうか。走るのは馬ですし、馬が頑張って走ってくれるのではないかという親心、期待でしょうか。
 (作戦は)まだ出走馬が決まったわけではないので、枠が決まってからかなと思います。たぶん前々では競馬すると思います。
 恥ずかしくない競馬をしてくれると思うので、あとは馬が頑張ってくれればと思っています。
 弥生賞、ダノンプレミアムの復帰戦ですが、一生懸命走ってくれると思いますので、ぜひダノンプレミアムを応援して下さい。よろしくお願いします」

(取材:米田元気)