【チューリップ賞】栗東レポート~リリーノーブル [News]
2018/02/28(水) 15:30
3月3日(土)に阪神競馬場で行われる第25回チューリップ賞(GII)に登録しているリリーノーブル(牝3、栗東・藤岡健一厩舎)について、追い切り後の藤岡健一調教師のコメントは以下の通り。

(前走の阪神JF2着を振り返って)
「良い競馬をしてくれましたが、間隔が詰まっていて、きついローテーションの中で、よく頑張ってくれたと思います」

(前走後の調整について)
「放牧に出して、成長を促すということで、体が大きくなっています。1ヶ月前に戻して順調に調教ができています」

(調教過程を振り返って)
「1週前は坂路で併せ馬でした。少し鈍いかなという動きでしたが、今日の最終追い切りでは終いまで良い動きをしていましたので、予定通り仕上がっていると思います。
 (今日は)前に1頭目標を置いて、前半が少しゆったりだったので、上がり重点にはなりましたが、最終1ハロンは11秒台。素晴らしく良い動きでしたので、仕上がりは悪くないと思います」

(今回のレースに向けて)
「前走は最後、切れ負けというか、相手が切れた分、負けてしまいました。早めに先頭に立っての競馬だったので、自分の競馬をさせるつもりではいるのですが、本番に向けて今回の結果がどういうふうに繋がっていくかというところだと思います。結果を見てから(次の)作戦を考えたいです。
 ラッキーライラックが出てくるので、それが目標になるのでしょうが、とりあえず上手く仕上げて、自分の競馬さえできれば結果は出てくるのではないかと思います。
 体が大きな馬なので、飼い葉食いの心配がないです。落ち着いてもいますので、馬全体の能力も高いということで、ここから成長していく部分もあると思います。スピードもありますし、良いところだらけではないでしょうか。
 あとは切れがどれだけ出てくるかというところだけだと思います。
 自分の競馬をして、結果がどうなるかでしょうが、先に繋がるレースをしてくれれば、結果は付いてくるのではないかと思っています」

(取材:米田元気)