【メイクデビュー】(中山6R)~ルーモスが人気に応える [News]
2018/02/24(土) 14:25
中山6Rのメイクデビュー中山(芝2000m)は1番人気ルーモス(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分05秒5(良)。クビ差の2着に7番人気スズカノロッソ、さらに1馬身3/4差の3着に3番人気ボリーバルが入った。

ルーモスは美浦・奥平雅士厩舎の3歳牝馬で、父ハーツクライ、母マジックポーション2(母の父Danehill Dancer)。

~レース後のコメント~
1着 ルーモス(奥平雅士調教師)
「最後の直線で反応良く伸びていたので、外から来ていましたが、かわされないと思いました。体質が弱い馬なので間に合ってくれて良かったです。真面目で素直な馬ですが、カッとなるところがあるので、今後はそこが課題になりそうです」

3着 ボリーバル(大野拓弥騎手)
「大型で跳びが大きい馬です。外枠で自分のリズムで行けて、しぶとく頑張りました」

4着 サツキワルツ(野中悠太郎騎手)
「スタートをよく出て、インの良い位置でジッとできました。4コーナーでゴチャつきましたが、最後もよく脚を使えています」

5着 ヤマトコスモス(横山和生騎手)
「スタートが決まれば前に行こうと思っていました。展開に恵まれたとはいえ、よく頑張っています」