【バレンタインS】(東京)~レッドゲルニカが早め先頭から押し切る [News]
2018/02/11(日) 16:13
東京10Rのバレンタインステークス(4歳以上オープン、ダート1400m)は5番人気レッドゲルニカ(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒5(良)。3/4馬身差2着に4番人気ルグランフリソン、さらに1馬身差で3着に9番人気サトノファンタシーが入った。

レッドゲルニカは美浦・藤沢和雄厩舎の5歳牡馬で、父カジノドライヴ、母エポカブラヴァ(母の父Point Given)。通算成績は20戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 レッドゲルニカ(北村宏騎手)
「前半、3コーナーまでうまく運べたのが今日は大きかったです。その分、最後もよく粘ってくれました」

2着 ルグランフリソン(戸崎騎手)
「ダートはいいですね。初めて揉まれましたが、上手に走っていました。もう少しスムースに運べればもっと際どかったと思います」

4着 ベストマッチョ(内田博騎手)
「いくらか気持ちが乗っていたのは1200mの競馬が続いたからだと思います。勝ち馬をマークしながらプレッシャーを掛け続けて行きましたが、最後突き放されてしまいました。相手が強かったと思います」

5着 ラインシュナイダー(武豊騎手)
「今日は折り合いもついて上手に走っていました。ただ、スパッと切れてくれないですね」