【琵琶湖特別】(京都)~ムーヴザワールドが差し切り3勝目を挙げる [News]
2018/02/10(土) 17:11
京都10Rの琵琶湖特別(4歳以上1000万下・芝2400m)は1番人気ムーヴザワールド(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分30秒1(稍重)。1馬身3/4差の2着に3番人気サトノリュウガ、さらに2馬身差の3着に2番人気ショパンが入った。

ムーヴザワールドは栗東・石坂正厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母リッスン(母の父Sadler's Wells)。通算成績は7戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ムーヴザワールド(福永祐一騎手)
「強かったです。良い馬です。勝負どころで脚を取られて気にしていました。しかし、直線ではいい伸び脚を見せていました。遊ぶ面を見せるので、そこだけ気をつけていました。将来性が豊かな馬です」

3着 ショパン(M・デムーロ騎手)
「よく頑張ってくれました」

4着 サイモンラムセス(小牧太騎手)
「4コーナーの手応えが良かったのですが、勝った馬は持ったままだったのでガッカリしました。馬場はまだ硬いですが、もう少し降ったら緩くなりそうです」

5着 ケイブルグラム(石橋脩騎手)
「岩田騎手の馬が離して行くのかなと思ったら控えたので、3列目で競馬をするよりは番手に行った方が良いと思いました。引っ掛かるというわけではありませんが、走りがのびてしまうような感じになりました。しかし、こういう馬場も良かったですし、ステッキを入れたら反応してくれました。よく頑張っています。相手なりに走りますし、気を抜く感じもありません」

7着 ファスナハト(D・バルジュー騎手)
「距離がやや長いと思います。2200mがMAXではないでしょうか。馬場も気にしていました。最後は伸びを欠いてしまいました」