【クイーンC】美浦レポート~マウレア [News]
2018/02/07(水) 18:28
12日(月)東京競馬場で行われるクイーンカップ(GIII)に出走予定のマウレア(牝3、美浦・手塚貴久厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

○マウレアについて手塚貴久調教師

(前走を振り返って)
「状態もよく、期待を持ってレースに臨みました。馬体もそれほど減らずに、輸送もクリアできました。ただ、スタートして少し行き脚がつかず、位置取りが窮屈になる場面が多かったように思います。そのあたりが少し残念でした。(3着という結果は)頑張ってくれましたし、上位との差もあまりなかったので、惜しかったです。(初めての右回りについて)走り自体は問題なかったです」

(この中間の調整について)
「前走は3着で賞金加算ができず、どこかで賞金加算をしないとクラシックには出走できないと思い、早めにクイーンCから始動しようと考えました。(1週前追い切りには戸崎騎手が騎乗)前走、騎手とのコンタクトで少し自己主張が強かったようなところがあったとのことで、戸崎騎手自らが1週前の追い切りに乗りたいとのことでした。内容もよく、前走で感じたものも出ていなくて、好感触だったようです」

(今朝の最終追い切りについて)
「このレースに向けてしっかり乗り込んできているので、今週はちょうどいいくらいの時計でよかったです。併せた相手もオープン馬(ベストマッチョ)ですからね。しっかりと、弱すぎず強すぎずというところで、よかったと思います。1週前の時点でかなり良かったと思っていて、しっかりできているので、レースで力を発揮できるのではと思います」

(休み明けとなるが、状態は)
「休み明けといってもそれほど経っていませんし、放牧も短期で切り上げて年明けには厩舎に戻してしっかり乗り込んでいるので、状態面に不安はないです」

(精神面について)
「お姉さんが桜花賞馬アユサンで、そのお姉さんと比べても、現時点での精神的な強さはこの子のほうがあります。体はお姉さんより若干小さいですが、強いハートを持っているので、そういった面は今回のレースでも武器になると思います。少しでもお姉さんに近づいて欲しいと思っていますし、それだけ期待している馬ですからね」

(東京芝1600mは2戦2勝の舞台)
「2走前の赤松賞は辛勝でしたが着差以上に強い内容だったと思います。東京での2勝はいずれもタフな競馬でしたが、しっかり結果が残せているコースなので、今回も期待しています」

(今回のレースへの期待)
「桜花賞に出走するには賞金加算しなければいけないので、そのつもりでしっかり仕上げました。内容だけではなく結果も求められているので、それに応えるような調教をしているつもりですし、彼女もそれに応えてくれています。お姉さんが有名な馬ですが、その域にたどりつく力はあると思います。結果を出して本番に向かいたいと思っていますので、応援してください」

(取材:木和田篤、小塚歩)