【稲荷特別】(京都)~ダノンディスタンスがマイペースで逃げ切る [News]
2018/02/03(土) 15:56
京都9Rの稲荷特別(4歳以上1000万下・芝2000m)は4番人気ダノンディスタンス(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒4(良)。1馬身3/4差の2着に5番人気テリトーリアル、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気スティッフェリオが入った。

ダノンディスタンスは栗東・佐々木晶厩舎の4歳牡馬で、父ルーラーシップ、母アゲヒバリ(母の父クロフネ)。通算成績は10戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ダノンディスタンス(藤岡佑介騎手)
「調教の段階から速い上がりの脚が使えないのが分かっていたので、これぐらいの上がりでまとめられるように乗りました。コントロールも利きますし、スタートも速いです。ポテンシャルは高い馬で、能力は重賞級だと思います」

2着 テリトーリアル(池添謙一騎手)
「リズムよく流れに乗れました。最後までしっかり脚を使って、勝ち馬をつかまえられるかなと思いましたが、届きませんでした。力は通用するのは分かりましたし、あと少しですね」

3着 スティッフェリオ(武豊騎手)
「ゲートでガタガタしていました。道中は流れに乗れましたが、直線は伸びそうで伸びなかったですね」

4着 グローブシアター(福永祐一騎手)
「体重は増えていましたが、太め感はなかったです。ペースアップした時に頭を上げて苦しくなってしまいました。最後はジリジリと盛り返していました。距離は長い方が良さそうですね」

5着 シンギュラリティ(M・デムーロ騎手)
「もう少し距離が長い方がいいですね」