【きさらぎ賞】栗東レポート~ダノンマジェスティ [News]
2018/01/31(水) 13:41
 2月4日(日)に京都競馬場で行われる第58回きさらぎ賞(GIII)に登録しているダノンマジェスティ(牡3 栗東・音無秀孝厩舎)について、音無秀孝調教師のコメントは以下の通り。

(新馬戦1着を振り返って)
「スローの上がり勝負になって、勝つには勝ったのですが、外に逃げながら少し荒っぽく、制御不能のように見えました。その点が課題として残ったレースでした」

(課題をどのように修正していったか?)
「ハミを変えなければいけないとか、調教で左に馬を置いて工夫をするなどしました。左手前に替えた時に、どうしても左へ左へと行くような感じの、トモの緩さが見受けられます。そこもある程度強くなっていかないと、ハミを変えただけでは駄目かなというところもあります。
 トモの力を付けて、ハミも変えてというところで、たぶん真っ直ぐ走ってくれるのではないかと思っています」

(調教過程を振り返って)
「先週は馬なりでしたから、1ハロンだけしっかりやるようにと伝えました。今日見ていると、真っ直ぐ走っていますし、特に問題はないかなと思います。外に馬はいましたが、抜け出しても真っ直ぐ走っていました」

(今回のレースに向けて)
「おそらくハイペースにはならず、前回のように瞬発力勝負になるのではないかと思います。それだったら経験していますので、大丈夫だと思います。
 新馬の後、間隔をあけたのも、トモの力がないのでじっくり待っていたからです。それと、取りこぼしたら皐月賞に間に合わなくなってしまいます。何とかして権利を獲るためにも勝ってほしいです」

(取材:米田元気)