【西尾特別】(中京)~レイズアベールが差し切る [News]
2018/01/28(日) 16:38
中京10Rの西尾特別(4歳以上500万下・牝馬・芝2000m)は3番人気レイズアベール(秋山真一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分03秒3(良)。アタマ差の2着に6番人気マンハイム、さらにハナ差の3着に2番人気ラブリーアモンが入った。

レイズアベールは栗東・吉村圭司厩舎の4歳牝馬で、父ハーツクライ、母ヴェイルオブアヴァロン(母の父Thunder Gulch)。通算成績は6戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 レイズアベール(秋山真一郎騎手)
「先週調教で乗って、調子の良さを感じていました。馬のリズムを守ってやればこのクラスで勝てる力のある馬だと思っていました。思ったような形のレースでした。いい時に乗せてもらいました」

2着 マンハイム(柴山雄一騎手)
「行く馬を行かせて2番手からのレースでした。マイル戦を使った後で折り合いを心配しましたが何とか我慢してくれました。トビの大きな馬なので早めに動いていきましたが、勝ち馬とは最後の決め手の差でしょう」

4着 エレクトロニカ(藤岡康太騎手)
「道中はいい感じでレースができて、直線もうまく進路が開きました。しかし、あとひと伸びがありませんでした」