【飛鳥S】(京都)~トリコロールブルーが差し切る [News]
2018/01/28(日) 15:54
京都10Rの飛鳥ステークス(4歳以上1600万下・芝1800m)は1番人気トリコロールブルー(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒2(良)。アタマ差の2着に5番人気プロフェット、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気テーオービクトリーが入った。

トリコロールブルーは栗東・友道康夫厩舎の4歳牡馬で、父ステイゴールド、母ペンカナプリンセス(母の父Pivotal)。通算成績は8戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 トリコロールブルー(武豊騎手)
「力の違う勝ち方でした。終いもしっかりしています。上のクラスでもやれる内容でした」

2着 プロフェット(川田将雅騎手)
「いい内容で走ってくれました。復調のメドが立ちました。次もこういう内容で走れたらと思います」

3着 テーオービクトリー(浜中俊騎手)
「展開を考えたらよく追い込んでいます。走る馬です」

4着 アクート(池添謙一騎手)
「道中はいつも通りの位置でした。久々でもよく走ってくれました。ラストもいい脚でした」

7着 デンコウリキ(吉村智洋騎手)
「かかる馬と聞いていましたが、それほどかかるところはありませんでした。ズルズル下がっていないですし、悪くない内容だったと思います」