【若菜賞】(京都)~オジョーノキセキが内から抜け出す [News]
2018/01/28(日) 15:26
京都9Rの若菜賞(3歳500万下・芝1200m)は2番人気オジョーノキセキ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒4(良)。クビ差の2着に2番人気ベルガド、さらにクビ差の3着に1番人気メジャーレートが入った。

オジョーノキセキは美浦・伊藤大士厩舎の3歳牝馬で、父キンシャサノキセキ、母キャプテンガール(母の父キャプテンスティーヴ)。通算成績は6戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 オジョーノキセキ(松山弘平騎手)
「枠が良かったです。逃げ馬の後ろで脚をタメられました。追ってからはしっかり抜けて強かったです。乗りやすくて、瞬発力もスピードもあります。距離は短いところが合うかなと思います」

2着 ベルガド(M・デムーロ騎手)
「ついてなかったですね。勝ち馬は内で楽していました。先頭に立ってフワッとしていました」

3着 メジャーレート(川田将雅騎手)
「道中はいいリズムで行けましたし、自分の脚は使っています。内容は良かったと思います」

5着 ウィズ(武豊騎手)
「道中は力んでいました。直線も動きづらい場所になりました。それほど負けていません」

12着 テクノマインド(吉村智洋騎手)
「それほど負けてはいないですけど、スタート後に隣の馬と接触して少し下がってしまいました。位置取りの差ですね」