【梅花賞】(京都)~メイショウテッコンが僅差で逃げ切りV [News]
2018/01/27(土) 15:29
京都9Rの梅花賞(3歳500万下・芝2400m)は4番人気メイショウテッコン(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分28秒9(良)。ハナ差の2着に3番人気エタリオウ、さらに2馬身半差の3着に2番人気サトノワルキューレが入った。

メイショウテッコンは栗東・高橋義忠厩舎の3歳牡馬で、父マンハッタンカフェ、母エーシンベロシティ(母の父Lemon Drop Kid)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 メイショウテッコン(武豊騎手)
「跳びの大きい馬でスタートが良ければハナに行こうと思っていました。楽にハナに行けましたし、能力があります」

2着 エタリオウ(和田竜二騎手)
「脚はあるのですが、出して行ったら気性的に難しい面を見せてしまいました」

3着 サトノワルキューレ(M.デムーロ騎手)
「ペースが遅すぎました。早めに上がって行きましたが、外を回ってしまいました。ついてなかったですね」

4着 シスターフラッグ(岩田康誠騎手)
「距離があったほうがいいですね。最後まで反応してくれていました。レースごとに力をつけています」

5着 ジェシー(川田将雅騎手)
「スムーズにレースが出来ましたし、いい内容でしたが......」