【メイクデビュー】(東京3R)~プリンセスノンコが7馬身差をつけ快勝 [News]
2018/01/27(土) 14:01
東京3Rのメイクデビュー東京(ダート1600m)は1番人気プリンセスノンコ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分39秒5(不良)。7馬身差の2着に2番人気ブラックバローズ、さらに2馬身差の3着に6番人気タイキメサイアが入った。

プリンセスノンコは美浦・加藤征弘厩舎の3歳牝馬で、父Orb、母シーニーンガール(母の父Spring At Last)。

~レース後のコメント~
1着 プリンセスノンコ(C.ルメール騎手)
「跳びが大きくて真面目な馬です。道中はいいポジションをとることができて、直線でも長くいい脚を使ってくれました。距離はこれぐらいがいいと思います」

3着 タイキメサイア(松岡正海騎手)
「とてもいい馬です。道中ムキになってしまうところがありましたが、使っての上積みが大きそうです。筋肉もまだ出来上がっていないので、これからよくなります」

5着 ジュールドミュゲ(内田博幸騎手)
「勝った馬が強すぎました。不良馬場で砂を被っても頑張ってくれて、終いも脚を使っています。4コーナーでスムーズに行けず我慢させる場面がありましたが、これもいい経験です」