2017年度ロンジンワールドベストレースホースランキング、アロゲートがトップに [News]
2018/01/24(水) 12:41
 2017年度ロンジンワールドベストレースホースランキングがIFHA(国際競馬統括機関連盟)から発表された。2017年1月1日から12月31日までに出走した馬を対象とし、国際ハンデキャッパー会議で決定されたもの。115ポンド以上の334頭がランク付けされ、日本馬は43頭が掲載された。国別ではアメリカ71頭、オーストラリア55頭、イギリス48頭に次いで第4位で、115ポンド以上に評価された頭数では、2015年と並んで過去最多となる。

 2017年のランキングトップは2016年につづいてアロゲート(米)で、レーティングは前年と同じ134ポンド。ドバイワールドカップで高評価を得た。2年連続のチャンピオンは2011年、12年のフランケル以来の快挙となる。
 第2位は、2016年に第3位だったウィンクス(豪)で132ポンド。2017年はコックスプレート3連覇を含む9戦9勝、2015年5月からの連勝を22としている。
 第3位はクラックスマン(英)とガンランナー(米)の2頭が130ポンドで並んでいる。クラックスマンは10月の英チャンピオンSを7馬身差で圧勝、ガンランナーはブリーダーズカップクラシックなどG1を4連勝した。第5位は凱旋門賞を勝った牝馬エネイブル(英)で128ポンド、第6位は英インターナショナルステークスを勝ったユリシーズ(英)で126ポンドとなっている。

 日本調教馬は、JRA賞年度代表馬キタサンブラックが124ポンド(対象レースは有馬記念1着)で第9位タイ、ジャパンカップを勝ったシュヴァルグランが123ポンドで第12位タイ、宝塚記念を勝ったサトノクラウンが122ポンドで第20位タイ、ジャパンカップ2着のレイデオロが121ポンドで第29位タイ、宝塚記念2着のゴールドアクターと阪神大賞典を勝ったサトノダイヤモンドが120ポンドで第40位タイなどとなっている。

(JRA発表)