【メイクデビュー】(中山4R、6R)~グロンフォール、ロフティフレーズがデビュー勝ち [News]
2018/01/21(日) 14:25
中山4Rのメイクデビュー中山(ダート1800m)は1番人気グロンフォール(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分56秒9(稍重)。大差の2着に7番人気サルーテ、さらに3/4馬身差の3着に6番人気ジュノーフォンテンが入った。

グロンフォールは美浦・新開幸一厩舎の3歳牡馬で、父ハーツクライ、母キラーグレイシス(母の父Congaree)。

~レース後のコメント~
1着 グロンフォール(C.ルメール騎手)
「大型馬で跳びの大きい馬です。長くいい脚を使いました。距離はこれぐらいが良いと思います。3~4コーナーで少し物見をしましたが、直線ではいい反応を見せて楽勝でした。能力はありそうな馬です」

4着 トミケンエンデレア(嘉藤貴行騎手)
「スタートでゲートを出ませんでした。よく追い込みましたが、時すでに遅しという感じでした。使って、次良くなると思います」

6着 トリプルレインボー(大野拓弥騎手)
「いい感じでレースを進めることができましたが、最後は息切れという感じでした」


中山6Rのメイクデビュー中山(芝1600m)は3番人気ロフティフレーズ(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒9(良)。クビ差の2着に2番人気ロクセラーナ、さらにアタマ差の3着に7番人気グレンガリーが入った。

ロフティフレーズは美浦・上原博之厩舎の3歳牝馬で、父ロードカナロア、母モンクール(母の父ディープインパクト)。

~レース後のコメント~
1着 ロフティフレーズ(内田博幸騎手)
「新馬向きの気性です。返し馬ではキャンターをしたら止まらなくなってしまうほど前向きでしたが、レースではしっかりと折り合いがついてくれました」

3着 グレンガリー(津村明秀騎手)
「まだまだ幼いです。返し馬では子供っぽくて、ゲートの中でも落ち着きがありませんでした。それでもレースではちゃんと走っているので、1回使ったことでよくなると思います」

4着 ロンドンシーズン(岩田康誠騎手)
「理想は2番手からの競馬でしたが、スタートが良くて無理なく逃げることができました。道中は息を入れられて4コーナーの手ごたえも良かったのでいけると思いましたが、あまり伸びませんでした」