【許波多特別】(京都)~チェスナットコートが鮮やかに抜け出し快勝 [News]
2018/01/08(月) 15:33
京都9Rの許波多特別(4歳以上1000万下・芝2200m)は3番人気チェスナットコート(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分15秒8(稍重)。2馬身半差の2着に6番人気エーティーサンダー、さらにハナ差の3着に1番人気シンギュラリティが入った。

チェスナットコートは栗東・矢作芳人厩舎の4歳牡馬で、父ハーツクライ、母ホワイトヴェール(母の父クロフネ)。通算成績は13戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 チェスナットコート(戸崎圭太騎手)
「こういう馬場はスイスイと走っていて、上手な感じでした。いいフットワークでしたし、いい馬でした」

2着 エーティーサンダー(酒井学騎手)
「距離があったので、前回よりもジックリ乗ろうと思っていました。ペースが流れたので、あの位置になりました。人気どころの馬が前や横にいたので、離されないようにしていました。直線では一瞬後ろの集団に飲み込まれそうになりましたが、手前を替えてからはしっかりと伸びてくれました。力のある馬ですし、この距離をこなせて収穫がありました」

3着 シンギュラリティ(M.デムーロ騎手)
「まだ子供で、隣の馬を気にしていました。勝負どころでズブいところがありましたが、直線ではよく頑張っていました」

9着 ジャーミネイト(浜中俊騎手)
「今日は馬場が合わず、進んで行きませんでした。非力なところもあります」