【3歳500万下】(京都3R)~メイショウイサナが好位から突き抜けデビュー2連勝 [News]
2018/01/08(月) 13:37
京都3Rの3歳500万下(ダート1400m)は2番人気メイショウイサナ(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分25秒6(稍重)。3馬身半差の2着に10番人気グローリーグローリ、さらに3/4馬身差の3着に8番人気タガノプレトリアが入った。

メイショウイサナは栗東・南井克巳厩舎の3歳牡馬で、父メイショウボーラー、母ペルサントクリール(母の父Point Given)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 メイショウイサナ(武豊騎手)
「道中、自分からハミを取っては行きせんが、追うと手応え以上に伸びる馬です。能力がありそうです」

2着 グローリーグローリ(国分恭介騎手)
「ゲートの出は良かったのですが、最初のスピードがある馬ではありませんし、終いの脚があることは分かっていましたから、行く馬を行かせてレースをしました。勝った馬は強かったです。このまま成長してくれればと思います」

3着 タガノプレトリア(藤岡康太騎手)
「上手に立ち回ってくれましたし、最後もしっかり伸びてくれています」

5着 ミッキーマインド(松若風馬騎手)
「能力で5着に来てくれました。もう少し追走が楽になるといいですね。ダートは合っていると思います」