【京都金杯】(京都)~ブラックムーンが差し切り重賞初制覇 [News]
2018/01/06(土) 17:18
京都11Rの京都金杯(4歳以上GIII・ハンデ・芝1600m)は4番人気ブラックムーン(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒3(良)。3/4馬身差の2着に3番人気クルーガー、さらにクビ差の3着に1番人気レッドアンシェルが入った。

ブラックムーンは栗東・西浦勝一厩舎の6歳牡馬で、父アドマイヤムーン、母ロイヤルアタック(母の父ジェネラス)。通算成績は24戦8勝。

~レース後のコメント~
1着 ブラックムーン(武豊騎手)
「良い馬に乗せてもらってチャンスだと思っていました。末脚の良い馬なので、そこを最大限に生かそうと思ったので、うまくいきました。乗りやすい馬で、ゴーサインを出したら良い脚を使ってくれました。切れますね。ペースが遅かったので、早いかなと思いましたが、動いて勢いをつけて行きました。この馬は強いです。今年もブラックの年にしたいです」

2着 クルーガー(浜中俊騎手)
「最後は根性で頑張ってくれました。4コーナーでは動けなくなりました。最後は頑張りましたが、トップハンデがひびいたと思います」

3着 レッドアンシェル(庄野靖志調教師)
「レース自体は問題ありませんでした。勝ちに行った競馬でしたが、向正面などは馬込みに入っている分、脚がたまるかと思いました。レース前は落ち着いていたので残念です。何とかGIへ賞金を加算したかったです」

4着 ダノンメジャー(北村友一騎手)
「気性的には馬を気にするところはなくなってきました。成長を感じると思います。イメージ通りに乗れましたが、今後に向けて違う競馬もできればいいですね」

6着 カラクレナイ(池添謙一騎手)
「良い感じでした。出たなりで、折り合いもついていました。4コーナーでは手応えが良く、直線では前が開いたので、待って追い出したくらいでした。いけると思いましたが、同じ脚色になってしまいました。距離が長いでしょうか。短いともっと切れる脚を使えると思います」

7着 キョウヘイ(高倉稜騎手)
「前も残りそうでしたし、もう少しロス無く回りたかったのですが、外枠の分、なかなか内に入ることができませんでした」

8着 ラビットラン(藤岡康太騎手)
「力む所はありましたが、許容範囲でした。4コーナーの感じでは弾けるかと思いましたが...」

10着 アメリカズカップ(松山弘平騎手)
「スタート良く2番手で競馬ができました。バテている訳ではないのですが、決め手のある馬にかわされてしまいました。もう少し馬場がしぶってくれた方が良かったです」

11着 スズカデヴィアス(藤岡佑介騎手)
「それなりに、流れに対応していましたが、加速するのに時間のかかるタイプですから、ジリジリした伸び脚になってしまいました」