【福寿草特別】(京都)~アイトーンが逃げ切る [News]
2018/01/06(土) 15:56
京都9Rの福寿草特別(3歳500万下・芝2000m)は7番人気アイトーン(国分恭介騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒3(良)。半馬身差の2着に3番人気ドミナートゥス、さらに3/4馬身差の3着に8番人気エルティグレが入った。

アイトーンは栗東・五十嵐忠厩舎の3歳牡馬で、父キングズベスト、母スペシャルディナー(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 アイトーン(国分恭介騎手)
「今日は外枠だったので楽に行けました。リラックスしていて、終いまでしっかりとしていました。行かないと味が出ないところはあると思います」

1着 アイトーン(五十嵐忠調教師)
「上手く競馬をしてくれました。前回は控えて良くなかったので、今日は行かなければ仕方がないと思っていました。前半は楽に行かせてもらいました。今後は使い込んでいるので、ひと息入れたいと思います。そのために今日連闘しました」

2着 ドミナートゥス(北村友一騎手)
「反応自体はすごく良かったですし、しっかりと脚を使っています。道中で手前を必要以上に何回も替えているので、その辺がしっかりしてくれれば良いですね」

5着 サラス(丸山元気騎手)
「馬場に脚をとられていました。気性面の成長がまだまだなので、そこが課題だと思います。競馬自体はよく頑張っています」

7着 ラルムドール(松山弘平騎手)
「ペースは遅かったです。しかし、、無理する感じではなく、自分のリズムで上がって行けました。4コーナーくらいでは苦しくなってしまいました」