【メイクデビュー】(京都6R)~サトノフェイバーがデビュー勝ち [News]
2018/01/06(土) 14:26
京都6Rのメイクデビュー京都(芝2000m)は2番人気サトノフェイバー(古川吉洋騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分04秒8(良)。3馬身差の2着に8番人気コカボムクイーン、さらにクビ差の3着に7番人気スパーダドーロが入った。

サトノフェイバーは栗東・南井克巳厩舎の3歳牡馬で、父ゼンノロブロイ、母ヴィヴァシャスヴィヴィアン(母の父Distorted Humor)。

~レース後のコメント~
1着 サトノフェイバー(古川吉洋騎手)
「期待通りでした。行く気はなかったのですが、スタートが速すぎましたし、新馬戦ですから、無理に抑えるよりはと思って行きました。物見をしながら、遊びながら走っていました。これからが楽しみです」

3着 スパーダドーロ(北村友一騎手)
「レースの前から、元気のいい面をすごく出していました。精神面で成長して、レースに集中して、安定して走れるようになればいいと思います」

4着 ニッポンテイオー(池添謙一騎手)
「まだ幼い部分がありますが、その分上積みもありますし、良くなると思います」

7着 カザン(武豊騎手)
「今日は気性の幼さが全面に出ました。使っていって変わってほしいですね」