【エスペランサ賞】(中山9R)~オーヴァーライトが粘り腰を発揮し勝利 [News]
2017/12/28(木) 16:32
中山9Rのエスペランサ賞(2歳500万下・ダート1200m)は9番人気オーヴァーライト(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒8(良)。1/2馬身差の2着に1番人気ミスターメロディ、さらに3/4馬身差の3着に7番人気シャインカメリアが入った。

オーヴァーライトは美浦・手塚貴久厩舎の2歳牡馬で、父ヘニーヒューズ、母オーヴァーアンダー(母の父Seeking the Gold)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 オーヴァーライト(内田博幸騎手)
「もまれると弱いところがある馬なので、今日は外を回ってでもリズム良くいくことを心がけました。先行しながらも脚をためて直線に入り、最後まで頑張ってくれました」

(手塚貴久調教師)
「外枠だったこともあり、もまれずに強い競馬ができました。消化不良のレースが続いていたので今日の勝利は自信になりました。距離は伸びても大丈夫だと思います」

3着 シャインカメリア(横山和生騎手)
「とても良い内容でした。これまでは隣に並ばれると力んでしまいましたが、今日は番手でも折り合いがつきました。このレースができればまたチャンスが来ると思います」

5着 デルマシャンパン(三浦皇成騎手)
「コンスタントに使っていますが、本当に良く頑張っています。1200mは少し忙しいかもしれませんが、脚は使えています」