【メイクデビュー】(中山5R、6R)~レッドイリーゼ、ケイアイマリブが勝利 [News]
2017/12/28(木) 15:13
中山5Rのメイクデビュー中山(芝1600m)は2番人気レッドイリーゼ(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒6(良)。1馬身1/4差の2着に1番人気キューグレーダー、さらにハナ差の3着に5番人気レジーナドーロが入った。

レッドイリーゼは美浦・手塚貴久厩舎の2歳牝馬で、父ハーツクライ、母スタイルリスティック(母の父Storm Cat)。

~レース後のコメント~
1着 レッドイリーゼ(松岡正海騎手)
「強いですね。走りますよ。課題はありますが、素質はピカイチです。能力を出せるように、次もやっていきたいと思います。かなり上のクラスまでいけると思いますし、この馬で桜花賞にいけたらと願っています」

2着 キューグレーダー(C.ルメール騎手)
「いい感じでしたが、直線でバランスが悪くなってしまいました。まだ緩いところがあります。距離は1800mくらいがいいと思います」

3着 レジーナドーロ(石橋脩騎手)
「すごく落ち着いた雰囲気で競馬に臨めました。1600mの内枠でしたし位置を取りに行き、そこで我慢して上手に競馬をしてくれました。次に期待です」

4着 レガロデルソル(柴田善臣騎手)
「馬を気にするところがありましたが、徐々に慣れてきて、途中から丁度いい形になりました。まだ体が立派ですが、センスがいいですね」


中山6Rのメイクデビュー中山(ダート1200m)は9番人気ケイアイマリブ(野中悠太郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分13秒4(良)。1馬身1/4差の2着に1番人気メイケイフウジン、さらに3/4馬身差の3着に8番人気ココアスナインが入った。

ケイアイマリブは美浦・和田正道厩舎の2歳牡馬で、父キンシャサノキセキ、母ケイアイアテナ(母の父Afleet Alex)。

~レース後のコメント~
1着 ケイアイマリブ(野中悠太郎騎手)
「荒削りなところがある馬かと思っていましたが、レースではとてもスムーズにいけました。スタートが速くて競馬が上手なのでこれからが楽しみです」

2着 メイケイフウジン(荻野極騎手)
「スタートでポンと出ましたが、大外枠だったのでなかなか内に入れませんでした。それでも直線でもうひと伸びしてくれましたし、坂も苦にしませんでした。初戦としてはとてもいいレースでした」

4着 ダイシンクワトロ(戸崎圭太騎手)
「大型馬で飛びが大きい馬です。逃げましたが、勝ち馬からプレッシャーを受けていて苦しかったです。もう少しじっくりいきたかったです」