【YJSファイナルラウンド大井】~トップは船橋の臼井健太郎騎手 [News]
2017/12/27(水) 19:41
 JRAと地方の若手騎手がシリーズチャンピオンの座を競う「2017ヤングジョッキーズシリーズ ファイナルラウンド」の2017YJSファイナルラウンド大井第1戦(3歳未格付・ダート1200m)と2017YJSファイナルラウンド大井第2戦(4歳以上C3・ダート1200m)が大井競馬場で行われた。

 2017YJSファイナルラウンド大井第1戦は、船橋の臼井健太郎騎手が騎乗した1番人気のモンドバーグが、2着の6番人気のフェスティヴデール(JRA栗東の岩崎翼騎手騎乗)に3馬身の差をつけて優勝した。3着はアタマ差で2番人気のルーファス(岩手の鈴木祐騎手騎乗)。4着はコアレスレンジャー(川崎の中越琉世騎手騎乗)で5着はマルカンファイヤー(JRA栗東の森裕太朗騎手騎乗)だった。

 2017YJSファイナルラウンド大井第2戦は、浦和の保園翔也騎手が騎乗した1番人気のネオブラヴが、2着の8番人気のマルリーコナン(愛知の加藤聡一騎手騎乗)に1馬身4分の1の差をつけて優勝した。3着はハナ差で9番人気のハルマツイブキ(川崎の中越琉世騎手騎乗)。4着はリックラフィキ(笠松の渡辺竜也騎手騎乗)で5着はマッハワン(岩手の鈴木祐騎手騎乗)だった。

 2017YJSファイナルラウンド大井の2戦を終えての各騎手のポイントは以下の通り。
臼井健太郎(船橋)34
保園翔也(浦和)32
中越琉世(川崎)27
鈴木祐(岩手)25
加藤聡一(愛知)21
岩崎翼(JRA栗東)21
渡辺竜也(笠松)18
森裕太朗(JRA栗東)16
荻野極(JRA栗東)9
菊沢一樹(JRA美浦)9
栗原大河(金沢)5
藤田菜七子(JRA美浦)3
小崎綾也(JRA栗東)2
横山武史(JRA美浦)2

※騎乗した馬の着順に応じて、騎乗騎手に対して以下の点数が1競走毎に与えられ、その合計得点により順位が決定する。
第1着30点 第2着20点 第3着15点 第4着12点 第5着10点
第6着8点 第7着6点 第8着4点 第9着2点 第10着以下1点

 明日28日(木)は中山競馬場で2017YJSファイナルラウンド中山第1戦(第8競走・3歳上500万・芝2000m)と2017YJSファイナルラウンド中山第2戦(第10競走・3歳上1000万・ダート1800m)が行われ優勝者が決まる。そしてファイナルラウンド中山の競走終了後には、中山競馬場でシリーズ上位騎手に対する表彰が行われる。