【フェアウェルS】(中山)~ヒカリブランデーが内から抜け出す [News]
2017/12/24(日) 15:31
中山10Rのフェアウェルステークス(3歳以上1600万下、ダート1200m)は4番人気ヒカリブランデー(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒4(良)。クビ差2着に11番人気ハングリーベン、さらにクビ差で3着に7番人気コパノリスボンが入った。

ヒカリブランデーは美浦・池上昌弘厩舎の6歳牡馬で、父ファスリエフ、母ヒカリブラッシア(母の父ヒカリバオー)。通算成績は31戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ヒカリブランデー(北村宏騎手)
「続けてうまく使うことが出来て、良いコンディションをキープしています。スタートをタイミング良く出て、直線もいい反応でした。スムースな競馬が出来たことが勝因だと思います」

2着 ハングリーベン(松田騎手)
「スタート良く出て、いいポジションを取ることが出来ました。ただ、直線で前がなかなか空きませんでした。前がもう少し早く空いてくれたら良かったのですが、残念です」

5着 メイショウワダイコ(池添騎手)
「ひと叩きしたことで良いレースが出来ました。大型馬なのでこれからもっと良くなると思います」

10着 モルジアナ(ルメール騎手)
「スムースな競馬が出来ませんでした。直線でも外に行きたかったのですが、スペースがありませんでした。伸びてはいるのですが、残念です」