【内房S】(中山)~伏兵キモンレッドが接戦制す [News]
2013/09/08(日) 16:42
中山10Rの内房ステークス(3歳上1600万下ハンデ、ダート1200m)は10番人気キモンレッド(高倉稜騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒5(良)。クビ差2着に6番人気ユメノキラメキ、さらにクビ差で3着に3番人気インディーズゲームが入った。

キモンレッドは栗東・崎山博樹厩舎の5歳牝馬で、父サウスヴィグラス、母オイワケトモエ(母の父ブラックタイアフェアー)。通算成績は39戦5勝となった。

~レース後のコメント~
1着 キモンレッド(高倉騎手)
「ゲートをうまく出て、揉まれると良くないので、スタートが決まった分、流れに乗って行きました。速い流れに戸惑うこともなく、追い出したらよく伸びてくれました。あのペースで行ったので詰め寄られましたが、ハンデも味方してくれました」

2着 ユメノキラメキ(戸崎騎手)
「競馬が上手な馬です。下げた時にフワッとしましたが、また伸びてくれました。馬体の減りは感じませんでした」

3着 インディーズゲーム(田中勝騎手)
「ペースが速く、直線届くかと思いましたが、坂もあってか少しモタれていました。でもトモもしっかりしてきています」

4着 ローブドヴルール(柴田大騎手)
「直線向いて手応えが抜群でしたが、追ってジリジリとしか伸びませんでした」

5着 ケビンドゥ(内田博騎手)
「厳しい流れでしたが、昇級戦でもよく頑張っています」